top of page
  • 執筆者の写真謙一 宮本

診療開始から半年

当院は今日で診療開始から半年となります。

この間、在宅患者160名、施設患者20名の診療を開始させていただきました。また、23名の患者様をご自宅でお看取りしました。

これまで順調に診療を続けてこられたのは、当院に関わる全ての関係者の皆様のおかげです。心から感謝しております。


さて、これまで当院では、院長の私一人で、毎日24時間体制で患者様の体調悪化時の対応を行ってきました。

体調悪化時はできるだけ平日日中に早急に対応するよう努めており、夜間・休日の緊急対応件数はそれほど多くはありませんが、それでも診療患者数の増加に伴い夜間・休日の対応件数は徐々に増加しており、十分な休養を確保できない日もまれではなくなってきました。

また、私は地域医療に貢献するため川崎市多摩区医師会に加入しており、医師会員の責務として、川崎市多摩休日夜間急患診療所での診療やその他の公的な業務に従事する必要があるため、今後は緊急の往診対応等が困難な時間帯が生じることになります。


このような事情を踏まえ、今後も長期にわたり24時間365日体制の質の高い診療体制を維持していくため、今月から、毎週水曜日(祝日を除く)の夜勤帯と、それ以外に月1回程度の日勤帯あるいは夜勤帯につきまして、患者様の体調悪化時の緊急対応業務を当院非常勤医師に委託することとなりました。

当院の非常勤医師は、私が使用している電子カルテをそのまま利用しますので、過去の診療情報や最近の診療の様子など、私と同じ情報を元に、同じ判断基準で対応します。また、往診の希望があり、医学的に必要な場合は、必ず往診をいたします。


当院では今後も24時間365日体制で常に患者様の意向に沿った診療を継続して参りますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。



閲覧数:91回

最新記事

すべて表示
bottom of page